メニュー

ばね指(手指屈筋腱腱鞘炎)

手のひらの指の付け根が痛くて、家事などに支障が出ます。ひどくなると手の指がカクンとはまってしまって、伸びなくなる(スナッピング)病気です。手の使い過ぎなども原因となりますが、中高年の女性に多くみられ、40歳以上の女性に男性の6倍発症するという疫学調査がありますので、当院の乳癌の研究と考え合わせるとも女性ホルモンの

baneばね指の圧痛点ばね指2

 

 

 

 

 

 

 

 

減少とも関係があると考えております。非常に痛い疾患で女性に多いため、家事などに支障が出てお困りの患者様が多いようです。症状が軽い場合は、消炎鎮痛剤の外用クリームや湿布を処方しますが、疼痛が強い場合や経過が長い場合は、超音波検査で腱鞘炎を確認した後に、ステロイドの腱鞘内注入を行います。腱鞘内に確実に注入しなければ改善しないため、当院では確実に腱鞘内に注入する事を心がけております。多くの症例では1週以内に疼痛が改善し、スナッピングは1カ月くらいで改善するようです。当院での再発率は10%程度で、再発も最短で半年を経過してからですので、満足度の高い治療となっております。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME